ワキガ手術

ワキガの解決方法として「手術」」を選択肢に入れている人もいるでしょう。手術ですから医者任せ。なんとなくこれさえすれば必ず解決するような感じもしますよね。ここでは、ワキガ治療としての手術のメリットデメリットについて書いておきたいと思います。

 

メリット

ワキガを解消するために永久脱毛した人もいると思います。毛があるということはそれだけ雑菌も繁殖しやすいということがあるからです。しかしサロンなどで永久脱毛と謳っているのに時間の経過とともにまたはえてきてしまったという経験がある人は多いものです。

 

そうすると手術をして手っ取り早く治してしまうというのは良い選択でもあるのです。手術には二通りの方法があります。一つは直視下手術法である「剪除法(せんじょほう)」です。わきの下を切開し皮膚を裏返し、臭いの基となるアポクリン腺を、医師が目で見ながら直接取り去っていきます。しかし傷口が目立ちやすいということがあります。

 

もうひとつはわきの下の皮膚に小さな穴を開け、機会を使ってアポクリン腺を吸引したり、かき出すという、非直視下術法です。こちらは傷口が小さく目立たないのですが、ただし取り残してしまう可能性がありそうなった場合に再発のリスクが有ります。

 

デメリット

手術をした際のデメリットとして傷口があります。身体にメスを入れるのですから多少のキズは仕方がありませんね。そして、「せっかく手術をしたのに、なんと!効果がなかった」という場合、これが最大のデメリットとなると思います。

 

というのも、単なる汗臭いのはワキガではありません。ですから手術の前に、ワキガなのか単なる汗の匂いなのかをきちんと判断しなくてはなりません。そうでないと術前、術後、何の変化もないという事態になってしまいます。

 

またワキガの人はいつも「自分は臭っているのではないか?」と不安に思っています。実は強力なワキガの人でも自分の臭いには気が付かず、家族など周囲の指摘ではじめて気がつくことが多いものです。ですからワキガ手術後も「本当に臭いは消えたのだろうか?」と不安が消えないという方が多いのだそうです。

 

臭いに気がつかないから逆に臭いが消えたことにも気がつかない。結果として手術に対する満足度があまり高く無いということがあるようです。

 

 

クリアネオ 店舗に置いてる? TOP